新スプリアス対応2 IC-7000M

前回調査中の
・IC-7000M(002KN376)がスプリアス確認保証可能機器リストに記載され ていない。
ICOMが独自に測定を行って総務省に届け出を行っている機種でJARDとは別の様式で総務省に届け出必要との事

⇒別の様式で総務省に届け出・・調査中

だったが、同じ機種名で新スプリアス対応機と未対応機があり技適番号が違う場合メーカーが確認する(?)との事で総務省のHPにリスト有り

http://www.tele.soumu.go.jp/j/sys/others/spurious/index.htm


(4) 製造業者等が測定した無線設備(新スプリアス確認設備)にリスト有りこれに記載されていました。

また、届出書もWoedで有りました。

(2) 現在お使いの旧スプリアス規格(不明なものも含みます)の無線機器を平成34年12月1日以降も継続してご使用になる場合は、お近くの総合通信局に届出書の提出が必要です。

届出書 (62.5KB)

困った事にIC-7000Mの製造年月を記載するようになっているのですが、RIG本体や箱を見ても記載無し、保証書も行方不明(他の保証書見ても記載無し)で判らず・・・。
そこでICOMのサポートセンターへシルアルナンバーをメールで送付して調べて貰いました。(感謝!)

これで資料の準備は出来たけどどうやって提出するんだろうか?(郵送 or 電子申請)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新スプリアス対応

今年、11月に再免許になるので新スプリアス関連対応を調べてみました。

・今年の再免許申請に新スプリアス対応が必要か?

JH1UVJは有効期限が11月9日なので問題なく普通の再免許申請でOK
Xの免許日が12月1日、有効期限が11月30日なのでちょっと心配でしたが
これもOKみたいです。
2nd二人分は新スプリアス対応品なので問題無し


・IC-910D(002KN346)はスプリアス確認保証可能機器リストに記載されて
いるが1200MHzが対応かわからない。

JARDに確認したら対象との事、これで1200MHzも免許継続出来そうです。


・IC-7000M(002KN376)がスプリアス確認保証可能機器リストに記載され
ていない。

ICOMが独自に測定を行って総務省に届け出を行っている機種
JARDとは別の様式で総務省に届け出必要との事

⇒別の様式で総務省に届け出・・調査中

以上なのでとりあえず5年はそのままで、あと届け出だけで34年12月1日
以降もそのまま運用出来そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんかおかしい 20160429

この前からUSBIF4CWのHamLog連携がおかしくなっているので色々やっているのですがなぜか下記の通りCOMポートが異常になっています。
Com_3

なぜ、番号が重複するのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々の移動運用

スキーシーズンも終わりそろそろ移動の準備でもと思い土曜日にルーフボックスを取り付け作業をしてましたが、某局より近場のリクエストが来たので、リハビリがてら移動に行って来ました。
Photo

移動に出るとトラブルは付き物ですが、今回も・・・

1、IC-9100が電波を出すと落ちる。
・最初はSUBバッテリーで電波出したので電圧の問題かと思って車のバッテリーにつないでみたがNG
・IC-7000でも駄目なのでアンテナのグランド線の位置を変えたら正常に

2、USBIF4CWで$Cを使って相手CALLをHamLogから取得するはずがこれの設定してあるPFキーが効かない。
・仕方がないので手打ちしましたが久々のパイルであたふたしてしましいました。
・帰宅後しらべたら、HamLogのCODEの枠にカーソルが有るとここではUSBIF4CWのPFキーが有効にならない
マニアルを見るとしっかり書いてあるのだが、Vistaではなぜか動いていた(^^;)
・HamLogの入力を早くする為にCALL入力後CODEに飛ぶように設定してあったが仕方ないのでGLの欄に飛ぶように設定し直しました。


雨が降りそうだったので早めの撤収でした。


追記(4・4)
・USBIF4CWのオプションに「CODE欄QTH欄でもFnメモリをCW送信する」のチェック欄がありました。
・色々やっているうちにアクティブウインドウがHamLogに移るとCW送信が出来なくなり,その後は再立ち上げしないとだめで、またHamLogに移すと動かないのでシステムの復元を実施したら何とかもとに戻りました。
たまたま、4/2の定期バックアップが有ったので助かりました。その前はOfficeのアップデートデート等色々有ったのでホッとしました。」


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows10の非アクティブウインドウのタイトルバーに色を付ける

Win10に変更してから、非アクティブウインドウのタイトルバーに色がついていないので違和感があって色々調べた結果レジストリの変更で対応出来るとの事なので設定しました。
やっぱ白より多少色が付いていた方がやっぱりいいですね。
この前まではアクティブウインドウにも色がつけられなかったみたい・・・

「WIN10 非アクティブウインドウ タイトルバー 色」検索で出てきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows10の導入2

メインPCのFMV MG50U/Vのバッテリーがご臨終みたいなので流石にバッテリーの購入はやめる事にして新しいPCを購入しました。 Win10 64ビット OFFICE付きで安いやつを・・・。
FMV MG50U/VはVISTA HOMEで流石にこれ以上使うのは限界かと思って買い替えです。

以前、持ち運びと勉強用に用にWin8.1を買ってアップデートでWin10になっていますがこちらは32ビット。
既にCALSAT32とHamLogは移行出来て順調に動いています。

※HamLogはフォルダごと移動
 ちなみにまだシリアルポート設定とバックアップは未設定
 シリアルポートを設定して、リグの周波数取り込み確認出来ました。

※CalSAT32は普通にインストールして、衛星名や観測点設定してOK
 RIGコンを起動して、シリアルポートを設定してRIGコンの動作確認
 正常にコントロールしてる模様

※リグエキスパートはドライバー最新版をダウンロードして来てインストール
 その後機器を接続してCOMポートが4個出来たのを確認
 実際、動くかは未確認

※シリアルポート一覧 (ListupSerialports)は起動OK
=>表示はOKでしたが削除機能は使えませんでした。(32・64ビット同様)


※リグコン用のUSB TTL変換ケーブル UP12Cが認識されない。(ドライバー?)
=>ドライバーをダウンロードして来てインストールで動き出しました。
=>32Bit系では問題ないが、64Bitでは何故かスムーズにコントロール出来ない。何回かボタン押さないと・・・ハード障害か相性か? =>別のラインで実験予定

※ICOMのUSBドライバー
IC-7600 IC-9100はUSBで直接リグコン出来るがドライバーをICOMのHPからダウンロードしてそれをインストール
しなければならない。
32/64と2種類ある。
以前ダウンロードした時とマニアルが異なる。(多少記載内容に変化あり。 Win10の記載は無し。
 
=>32ビットはすんなり動いたけど、64ビットは最初動かず・・でも一旦COMポート削除して再度設定したら今度は動きました。

=>これでIC-9100をリグコンで制御してみるが正常動作!(UP12Cのドライバがいまいちか?) あとリグエキスパート経由で問題無ければU12C絡みと思われる。

=>リグエキスパート経由でも問題無く動きました。 でも今度はUSB直結が動かなくなった(-_-メ)まあこれば別問題なので・・


※MMシリーズ(MMTTY MMVARI MMSSTV)
32ビット用のフォルダをそのままコピーで動作確認 OKでした。

ちなみに、MMTTY MMVARI はLOGファイルの場所が違うとファイルを発見出来ませんでしたとエラーになるのでそのまま進行してファイル=>新しいログファイルのオープンで新しい場所を指定すればOK

MMSSTVは画像保管場所等を聞いて来るのでメモ帳でMmsstv.ini内のルートを変更すればok


※CWGET
再インストールで動作OK

※DSCW
受信は出来たけど、送信は? 面倒なので先送り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Win10アップデートの覚書

Win8の勉強用(&持ち運び用)に購入したPCを昨日Win10にアップデートしました。

アップデート前に全体のイメージを外付けHDDにバックアップ。

 
途中でCドライブの容量が不足との事でKBドックに入っているHDDを指定してアップデート自体は数時間で終了。このPCは本体(タブレット)とPCドックが別れるタイプ(2 in 1)なのでこれがどう影響するか・・。

まずは操作に慣れる事とHAM系のソフトの動作検証をしないと。既に操作であたふた中

■CALSAT32■
PC動作(KB付き)では正常に動いている様に見えるがタブレットの状態で起動すると何故かインストーラが起動してKBドックに入っているHDDを呼びに行っている。多分ここからインストールしかたが悪かったのか、以前はタブレットでも普通に動いていたが・・・。
CALSAT32.MSIを含むフォルダーに対する代替パスを指定しろとのメッセージがでるがキャンセルを何回か繰り返すと正常に動作(毎回インストールしながら作動してる?)

で、一旦アンインストールしようと思ったらコントロールパネルが無い!
ネット検索したらスタートボタンをマウス右クリックでコントロールパネルのメニューが出て来ました。

アンインストールを実行してSETUP.EXEのあるフォルダをCドライブに移してそこからインストールしましたが
・KBドック接続では普通に起動
・タブレットにすると再度インストールを聞いて来ましたので今度はOKで先に進みました。
以降はどちらでも普通に起動(なんか設定が違うんですネ。きっと?)


■RigExpert■ (リグコン用I/F)
COMポートは過去の予約分はすべて消えていたので、ドライバーのインストールからしなくていけないのか恐る恐るUSBを挿したらちゃんと4ポート出来ました。ただポート番号がめちゃくちゃだったので過去と同じに変更。

Com

・HamLogでの周波数取得OK

■HamLog■
今の所、何もしなくても現状は動きました。(細かく検証していませんが)


■MMTTY■
動きました。


■CWGET■
動きました。 でも英字の大文字ファイルが所定の場所から消えていたので再設定

■Listupserialport■ COMポート一覧
動きました。
*COMポート一覧と変更が可能ですが、予約済(未接続)ポートも表示出来るので便利
 一時Winー8で使えなくなっていましたが、最新版はOKでWin10でも使えました。

■自作リグコンIC910SAT■
動きました。

■EaseUs Partition Master FREE■ パティーション操作ソフト
動きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

邑智郡邑南町移動(7/11)

表題の件、色々あったので遅くなりましたがアップします。

2015071102_2

場所は瑞穂ハイランドスキー場の駐車場。以前行った事が有って確か見晴らし良かったような記憶があったのと次の予定も考えて自宅からは一番遠い地点なのですがここにしました。
ゴンドラ下は閉鎖されていてその下の駐車場での運用となりましたが以外と高台で東が開けていてFBな所でした。眼下に高速道路がみえました。駐車場は誰も来ないと思っていたら山登りの人が何組か来て止めて行きました。
後方に見えるのがスキー場です。
ここでは約3H 150Qほど交信出来ました。

で、FO-29が通過したあとちょっとだけ14に出て次の移動地、浜田市のアサヒテングストンスキー場に移動してFO-29の2便の準備をしていたのですがバッテリーの電圧が低くなったのでIC910が送信すると電源OFFになる(多分ケーブルの接触不良?)のでSUBバッテリーに交換しようとしたらIC-910から煙が・・・(:_;)
元の電源ケーブルにつなぎ直したら一応送信も受信(ノイズが出た)も出来たのでパワーを下げてFOのダウンを取るも何も聞こえて来ませんでした。

仕方無く、運用を中止して帰路に・・(流石にHFを運用する気が起こりませんでした)

自宅に帰ってIC-910を電源ケーブルをチェックするとヒューズが溶けていました。ヒューズを交換して安定化電源につないでみたらアラームが出て電源の電圧が降下してしまいます。そこでまず電源ケーブルのコネクタ部分を見ると普通は熱収縮チューブがある所にそれが無くて同線がむきだしに・・・。
20150711ic91021_2

一応、煙が出たので中を開けてみたら1200ユニットの下にあるFFC(フラットケーブル)焼けていました。
真ん中付近にある一番長い白いケーブルです。

20150711_ic910_12

で、故障内容を確認したら
○受信 (SATの弱い局が受信出来た。)
○送信
×リモート (リグコン不可)
×AG-35  (ONにすると信号が消える)

※FFCは焼けてケーブルがショート&断線があったので補正
そんなんで、現在IC-910とAG-35は入院中です・

あと、IC9100も145.950付近で電波を出すと435.850付近に一杯スプリアスが出てしまうのでこれも一緒に修理に出しました。(この症状が出るので移動には910を持って出たのですが・・)
移動ではやっぱ色々な事が起きるな~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまた久々の書き込み

今年は5月の連休にCTQさんの移動(私の実家付近)の時にフェリー乗り場までアイボールに行って多少感化されたみたいで、私も移動に出掛けています。
島根県は東西に長くて益田方面は行くだけで3H以上掛かるので近場で穴場の鳥取県西部を集中的に移動していまが、今までと車と無線機がが異なるので色々な障害が出ていて一個ずつ解消しながらの運用となっています。

1,車からのノイズ凄い。 (エンジンを止めると解消)
 常設のIC7000ではそれほどでも無いのでアンテナ(ATU)の位置で変化するのを確認
 後部へ移動して解消。

2,10M/14MでPCに影響(マウスが暴れる)が出てしまう。
 以前使っていたフェライトコアを入れる事で解消(マイクロバード用に作ったやつ)

3,IC9100で受信周波数にスプリアスがそこかしこに出てほんとのダウン周波数が判らない。
 144/430のアンテナを別にすればほとんど判らないないがディープレクサ経由すると駄目
 IC9100、は自宅でSAT用で運用する事に・・(移動はIC7000とIC910 実はこの方がRIGが軽いので楽!)

4,SAT用のアンテナ設置がいまいちしっくりこない
 天頂対応が出来なくなるが新しい方法での運用に切り替え。

Sat001
車にはキャリアにパイプが常設されてるのでスポッと入れるだけです。
異形ジョイントは割れないように対策済

Sat002
クロスマウント2個で可動可能としました。
以前はクロスマウント一個でアンテナを垂直にして可動していましたが。この車ではいまいちだったので水平で仰角可能になるようにクロスマウントを一個追加しました。一応金属の影響を避ける為にエンビパイプで(^^ゞ

・以前はローテーターを横向けに設置して天頂対応が出来たのですがこれでは無理。
・その代わりいつ倒れて車を傷つけるかの心配をしなくてよくなりました。(隠岐では強風で倒れた)
・仕舞う時にポールが半分の長さになるのでFBです。
・下の方にもある程度の長さのポールが有るのでここを持って仰角可変が可能(車の背が高いので普通だと脚立が必要)
Sat03

アンテナ設置の写真は暗くなって来たので次回へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

秘密兵器

先日、Win8マシンを受け取りに行った時に気になっていた物があって
今日もう一度見に行って購入して来ました。
ElecomのUSBケーブルですが2台のパソコンに繋いで片方のマウスや
KBでもう一方のパソコンの操作が出来ると言うすぐれもの(^o^)/

基本的にはVistaマシンのファイルをWin8マシンに直接コピーが出来る
のでUSBメモリやSDカードで移さなくていいので超FBです。

まあ、移行が終われば無用の長物になるかも知れませんが
マルチディスプレー感覚で1台のKBで2台のPCを操作出来るので
使えるかも・・・(\2.8Kが高いか安いかは利用方法かな)
Uctv3bk

リモートコンピュータだと確かもう一方がスリープ状態で無いと駄目だったような

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«Win8.1の再設定